「医龍」第4話 ぼくちゃんが先生になった日のツボ!
あら今日もひょっとして「伊集院Day」だったのかしら?
こりゃまた伊集院君の評判上がりますよ♪

…ドラマ自体の突っ込みどころは置いといて(笑)今日の伊集院先生観察記。





「大丈夫ですよ」ってあんなニッコリ言われたら…
「あぁいいよ」ってあんなニッコリ言われたら…
考えただけで病気になりそうです。もちろん恋の病です。

木原先生コリッキーを自認!!!
顔小さいというツッコミは正しいですけど、童顔は医者であることとは関係ないです(笑)
まぁいいや。コリッキーしてくれたから。

何かにつけて左手。そこがやっぱり徹平ちゃんだなぁ。
メモも左手。☆メダル握るのも左手。自分に自信つけようと見つめるのも左手。

いいお医者さんになってほしいけど、個人的にはもっと落ち込ませてください。
何かを告白するときの背中が好きだから。
悔しくて唇噛みしめたときに覗くほくろが好きだから。

やっぱり何と言っても黒目がちな美しい目に毎回やられます。
手術帽とマスクの間のほんの数センチで語る語る語る!
ペースメーカーを渡さないとき、まるで初めての反抗心を抱いた子どもみたいに
怯えながらもその奥に意思の強さを秘め、
それでも自分の力が敵わないと知ったときには、悔しそうに目をぎゅっと閉じ、
藤吉先生が見えたときには全幅の信頼を表して嬉しそうだし、
朝田には憧れと驚きと期待とが入り混じった目を向け、
そして患者さんにはニッコリ、優しい微笑を向けた…

たった50分弱で、こんなにたくさんのことを目だけで語ってくれました。
そして先生は、患者さんに必要とされ、朝田のチームに必要とされる先生へと
レベルアップ!!

がんばってね、伊集院先生!!
[PR]
by yasuminn19 | 2006-05-05 01:16 | teppei
<< ドラマレビュー:「医龍」第4話 テッペー先生は「ラブ★コン」仕込み? >>