「医龍」第8話 真っ白なままの伊集院先生のツボ!
ひょっとして今回も「伊集院スペシャル」!?
こないだ第2・4話だけをまとめたディスクを作っちゃったんで
あと1回スペシャルが来ることを期待します♪

というわけで、今回の「真ん中分け@伊集院先生」ツボどころ~



・今回「木原・伊集院コンビ」のっけからです!
 すっとんきょうな「きょうじゅせん!?」の声とお目目くりくりのびっくり顔。
 頭バシバシ攻撃で伊集院君劣勢?と思われましたが
 木原先生の「Me~」を華麗にスルーして引き分けかな( ´ー`)

・ブレザーなボクちゃんは久々ですね。相変わらずダサ可愛。
 運転シーンもひたすらハンドルを教本通りに握って安全運転です。

・荒瀬先生によって明かされる伊集院君の全て(?)
 53㎏なの!?真ん中分けなの!?(真ん中分けか。)

・現場では仲良くなれてめっちゃ喜んでいるのに
 ドラマでは「すごく嫌い」なんですねぇ。
 「人が何人死のうが関係ないですもんね」
 嫌味っぽく言い放つ時、めっちゃ「悪い伊集院君」の顔してました。
 その後すぐグラス投げられてビビッていつものオドオド君顔ですけど。

・BARを出て、ネクタイを緩める仕草がGood!
 ほら私「ネクタイ緩める手元フェチ」ですから(>なんじゃそれ!)
 
とまぁ、ここまでは「伊集院な徹平ちゃん」チェックに興じていられたんですが
このあと緊迫の展開、そして迫真の伊集院君!
コンビニ前で、うろたえながらも懸命に「医師の務め」を果たそうとしたり
救急車の中で涙ながらに荒瀬先生に訴えたり
荒瀬先生が手術に立ち会うように頭を下げたり


伊集院先生~(゜дÅ)


いちばん切なかったのは
「もし僕に腕があったら―― あなたみたいな人に頭を下げません。
  気持ちだけで患者が救えるなら―― 頼むもんですか」

伊集院君の至らなさ、やるせなさ、自分に対する無力感
もうぐじゃぐじゃの感情がこの「間」にいっぱい込められてて


伊集院先生~(゜дÅ)(また泣いてる)


そして荒瀬先生のチーム入りが決まり、朝田先生に
「あの人は、今も悪党ですよ」
と意見した後
「悪党を許せないならそれでいい。あいつは責められる為に悪党をやっている。
だからお前は真っ白なままでいろ。
今のままのお前に攻められることをあいつは望んでる

って…


朝田先生~(゜дÅ)(泣き過ぎ)


はぁ。やっぱり伊集院先生最高やわ。
[PR]
by yasuminn19 | 2006-06-02 00:50 | teppei
<< ドラマレビュー:「医龍」第8話 若い雑誌いろいろと >>