奇跡はきっと偶然なんかじゃない
「Ready Go!」のこの一節が頭をぐるぐる回っています。
いい言葉やなぁと。
いつもWaTについて素敵な記事を書いてくださる伊藤悟さんのブログのコメントで、この言葉についての素敵なコメントを読みました。

そして、私が書いた10月30日付の記事で
瑛ちゃんについての一言が、ブログをごらん下さった方に嫌な思いをさせてしまったようです。
その点についてまずはお詫びします。
けれども私の真意は決してその一言にあるのではなく、むしろ上で紹介したコメントと同じ思いなのだということを知っていただきたくて、少し補足させてください。

匿名のコメントでしたので、以下に記事を折りたたんでおきますね。


それにしても何かを伝えるのはとても難しいなぁと思います。
そしてその難しさにぶつかるたびに「WaTってすごいわ!」と素直に思っちゃう。
それでもブログをなんとか続けているのは、こうしていろんな意見がいただけることです。
コメントには書きづらいな・・・と思われる方はメールでご意見聞かせてください。




まず、私の文章で非常に嫌な思いをさせてしまったことをお詫びします。
本当に申し訳ありません。
しかし、決して「瑛ちゃんはただのラッキーな人だ」という思いではないのです。
瑛ちゃんがこの「チャンスボールを上げてもらえる」までに重ねてきた数々の努力は、私たちの想像以上なのだと認識しています。「奇跡はきっと偶然なんかじゃない」というWaTの言葉にこめられた通り、瑛ちゃんの日々の努力こそがこの「チャンスボール」を呼び込んだ、私はそのように思っています。
先日、瑛ちゃんの連載していたエッセー「ラッキーパンチ」の中の一節をネット上で目にして、私のこの思いはより強いものになりました。転載になるので要点のみ書きますと

「毎日練習してきたからこそラッキーパンチは繰り出せる。
またはその努力に対する神様からのプレゼントなのかも知れない。どちらにしても努力なしでは得られないもので、受け身で得られるラッキーとは全く違う。
そして一番すごいのはそういうものを本人がラッキーと思えること」


私は日頃からかなり徹平ちゃん寄りのWaTファン(という言い方もあまり好きではない)ですが、瑛ちゃんの考え方や仕事に対する取り組み方には本当に心打たれ、時には反省することもしきりです。
でも瑛ちゃんをしっかり見つめている人からすれば、まだまだ誤解しているところも多いかも知れません。
こうしてブログを通じて、様々な意見をいただくことで私もWaTをもっと知っていきたい、と思っています。
文章で伝えるのは難しいのですが、少しでも言いたかったことが伝われば幸いです。
もちろんこのコメントにも誤解があるかも知れません。
ふたたび「それは違う」と感じられたら是非また教えてください。
(メールでも結構です。サイドメニューから送れます。)
[PR]
by yasuminn19 | 2006-11-03 20:30 | wentz
<< FRaUの王子様。 この日。 >>