ぐだぐだと…
「ボクラノ~」の感想とか書いてたのに
一瞬にして消えた…orz

メモに書こう、と何度も思ってるんですけどね。
悔しいので今日思ったことをグダグダと。
本当にグダグダと。

感想はまた今度。



WaTのCDと一緒に購入してきた、福山雅治のアルバム「5年モノ」
やっと今日聴けたんですけど
なんか、泣けました。

泣けたり、ぐっとキモチ盛り上がったり。
福山さんってこんなに「幅」あったんや、としみじみ。
音にも詞にも幅がある。
攻めたり包んだり。
またそれが、声に合ってるからぐぐぐっとくる。

出始めの頃は、カッコイイ俳優さんで歌も歌ってるんや、
でも歌はどうなんよ!?みたいな感じやったのが
今や「歌う人」やもんなぁ。
すごいなぁ、本当にすごい。

徹ちゃんも、こんな風に素敵になって欲しいな。
今の徹ちゃんが、WaTとして、等身大のキモチを伝えてくれる
それはそれで、すごく愛おしい。
大事に、私の手の中で包んでいたい、と思うもん。
でも、いつかこんな風に
大きく包んでくれたかと思ったら
風を切ってかまいたちを起こすくらい走ったり。

そして「虹」を聴いて青い空と真っ黒なガンちゃんを思って
また泣けました。
[PR]
by yasuminn19 | 2006-12-11 23:38 | 日々
<< うたばん / ドリーム・プレス社 FNS歌謡祭 >>