人生初WaTライブ。
福井!
行って来ました!!

WaTの初ライブは大阪だろう、と思っていた私に突然降って湧いた「福井」のハナシ。
福井って大阪から近いやん?余裕ちゃうの?というわけで
ふだんお世話になっているWaT友さんとのあいのりでGo!

行きの列車は久しぶりの「修学旅行」気分。
まわりがハイキングのおじいだらけでもキニシナ~イ。

サンドーム福井は「突然舞い降りたヤドカリ」みたいなカタチの可愛い建物でした。








・うお~
 手作り感溢れるステージ・・・思っていたほど幅がない。
 ま、よく考えたらWaTの曲にそれほどのステージ幅は必要ないわけで。

・もう二度とないで!ってな程の良席、のはずが!!
 突然現れた「特席」2列。なんだコレは!?

・しかし特席に人の来る気配は無い。
 ステージ横の暗幕の後ろに人の気配が!!
 暗幕の下から覗く足にさえドキドキ。

・そしてWaTのふたり登場。なんか案外普通に出てきたなぁ。
 ジャニコンやら派手な登場のアーティストのライブに慣れている私には
 ちょっとびっくり。
 ま、よく考えたらWaTが吊るされて出てくる必要はステージの幅以上に
 (以下略)

「Hava Rava」~「前進」~「オトナシ」
 (間にMCが入ったんだけどどこだったか・・・)
 おお!そうきたか!
 会場を一気にアゲちゃう曲のチョイスに感動しました。
 曲前にあちこちで「おかえり~」コール。
 ホントそうだよねぇ。

・やっぱり、歌ってこそのWaTだなぁ、と思ったね。
 こんなに待っていたファンがいる、そして二人も歌いたかっただろうなぁ、と
 私はそんな空気を感じました。

・MCの進行の瑛ちゃんはさすがでしたが
 その瑛ちゃんの進行に対して天然っぷり炸裂な徹ちゃん。
 しかし大阪っぽいツッコミはがしがし入れてくる。
 ちょっとしたお笑いの人みたいです。

・正直、二人とも「隣のおもろいお兄ちゃん」みたいです。
 
・ライブの方が、TVで見るよりずっと声がいい。
 ハモリもいいし、しんどそうじゃないし。
 この日のためにボイトレ・・・する時間はなさそうだったしなぁ。
 やっぱり歌ってこそのWaTなんですよ(と、もう一回しみじみ思う)

「はじめの一歩」~「僕らの居場所」
 一転してキモチ伝える系ソング。
 声がいい。音響はイマイチっぽいけど、ふたりの声がいい。

・ここで「Q&A」タイム。ってこの質問はどこによせられたものなの?

・WaTがそれぞれソロ活動していたときに・・・とか言っておきながら
 そのへんに全然触れない質問ばかり(笑)

・ちょっと長いで質問タイム。

・と思ったら!後半になるにつれておかしなテンションに。
 「そんなの関係ねぇ」を照れながらやってしまう徹ちゃん。
 瑛ちゃんは「オッパッピー」担当?

・はっきり言ってこの「問9」だけでいいよ!
 くらいの爆弾キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
 瑛ちゃんのハピバをサプライズで!
 さっきから臭っていた「ロウソク臭」はコレだったか。
 (火事かと思った)

・ここから「これでもか!」なくらいの徹ちゃんのスキンシップ攻撃。

・「ロウソクが5cmだったから」で、「5センチ。」
 それぞれのソロパートが増えているバージョン。
 最後の「離れませんように」のタイミングが難しいのね。

・で、これで終わり!?
 なんか式典の準備にソソクサと取り掛かってしまいあっという間に撤収。
 アンコールもないのか・・・でもまぁしかたないのか。

私はここで一足先に出たのだけれど、式典後に「僕のキモチ」歌ったらしいです。
しかもフツーに皆と同じ駅から帰ったらしい。
(まぁ帰る方法はソレしか無いのだが)
久々に見る生WaT、しかも人生最高の至近距離は
二人がとってもキモチ的にも近くに感じられました。
「僕らはいつもここで歌ってるから」
なんか本当に、そんな感じ。うまく言えないけど、オーラが無い、とかじゃなくて
オーラなんて二人には必要ないのよ。
いつまでも隣で歌ってくれるおもろいお兄ちゃんでいて欲しいな。

そして次はそんな二人「だけ」をがっつり3時間ぐらい見たいものです。
 
 
 

 
[PR]
by yasuminn19 | 2007-10-08 00:51 | WaT
<< ほんわかとした、あたたかいもの。 徹っちゃんお帰り >>