ありがとうを、ありがとう
WaT、さいごのMステ。

もうずいぶん二人の活動を追うことから遠ざかっていたけど、でも見かけるたびに応援はしていた。
解散を知った時には、だからとっても寂しかった。
わたしの中で何かひとつ大切なものの蓋を閉める、ような。

はじめてみたMステは、はらはらと流れる天使の涙に釘付けになったっけ。
そして次の日の大阪握手会に行こうって決めた。
それからびっくりするくらいのエネルギーで二人のことを知ろうとした。追いかけた。
たくさんの出会いと、たくさんのチカラをもらった。

今日、さいごのMステ。
二人はもうすっかり大人で、すっかりたくましくて、でも変わらない笑顔で、やさしくて。歌だってすごくうまくなっていて、でももうWaTを続けてはいかない、その決意の清々しさが伝わったから、涙は出なかった。
涙は出なかったけれど、その笑顔はやっぱりずるいなぁ。
二人でいる時しか見られない笑顔だもんな。
ずるいけど、うれしかった。本当にありがとう。
ありがとうをきちんと伝えてくれて、ありがとう。
もっと見たいと思わせてくれて、ありがとう。

もう何年も書いていなかったこのブログのログインパスワードを覚えていた。
パソコンでポチポチ打って、どうしても今ってときには携帯の小さなボタンをポチポチ打って。
今ではiPhoneでサクサクと思いを綴ることができる。
時間は流れる。
変わらないものと、変わっていくもの。

わたしが好きだった二人への思いは、変わらない。
わたしの気持ちが変わっていっても。

そして僕の願いは 君が笑う そのことが 何よりもただ嬉しくて

大切な笑顔に、そっと蓋をしておこう。


[PR]
# by yasuminn19 | 2016-02-12 22:52
ほんわかとした、あたたかいもの。
あれだけ楽しみにしていた福井ライブも夢のように通り過ぎました。
けれど私のココロには、いま、ほんわかとあたたかな余韻が残っています。

私はこれまで、同じライブに何度も行きたい、というタイプで
それこそ地元全ステは当然でしょ、と昼夜通してライブに行き
けれどもアンコールの最後に、やっぱり舞台の奥に帰ってしまう
目の前のアイドルを見ては
「ああ、やっぱり彼らはココには居ないんだ・・・」
とせつなくなるのが常でした。

けれどもWaTの二人は、
まるで明日もまたどこかで会えるかのように去っていった。
「またココへおいでよ、そしたら歌うから」
そんな声が聞こえたみたい。

もちろん苦しくなるくらいやさしい笑顔や
すいこまれそうなくらいに澄んだ瞳にココロが震えたのも事実ですが
それだけじゃなくてとってもあたたかなものをくれました。
それは思いやりとか、歌うことが好きだというキモチとか、
ここで歌える感謝のキモチとかそういうのかもしれません。

質問コーナーで「大切なもの」という質問が出たときに
優等生アイドルならばきっとすぐに「ファンの皆です」と答えるところを
ウンウンと一生懸命考えた徹ちゃん。
ああ、この人のこういうところがいいんだなぁ、と思いました。



でもキレイゴト言っても、本当はとっても欲張りだから
早く早く、またほんわかとしたあたたかいキモチになれるように
私たちの前で歌ってほしいな。
[PR]
# by yasuminn19 | 2007-10-09 01:19 | WaT
人生初WaTライブ。
福井!
行って来ました!!

WaTの初ライブは大阪だろう、と思っていた私に突然降って湧いた「福井」のハナシ。
福井って大阪から近いやん?余裕ちゃうの?というわけで
ふだんお世話になっているWaT友さんとのあいのりでGo!

行きの列車は久しぶりの「修学旅行」気分。
まわりがハイキングのおじいだらけでもキニシナ~イ。

サンドーム福井は「突然舞い降りたヤドカリ」みたいなカタチの可愛い建物でした。

(以下、ライブの覚え書き)
[PR]
# by yasuminn19 | 2007-10-08 00:51 | WaT
徹っちゃんお帰り
「お帰り」っておかしいかもしれないけど。
私にとっては久しぶりにテレビで笑う徹平ちゃんだったので。「お帰り」と。


いや~、トーク、笑わさしていただきました!
ちょいとテンパってる感が伝わってきたトークでした。頑張るとあんな感じの喋り方になりませんか?(私はなる)で、うまいことダウンタウンの反応がもらえたらホッとしてる感じがする。いいなぁ。それが徹平ちゃん、という感じがします。

子ども時代の写真はどれも可愛すぎーーー!!あんなベビィだったら、きっと毎日お母さんのチュッチュ攻撃だったんじゃないか(笑)「ワルだくみベビィ」写真が一番好きです。それにしても小4の徹平ちゃんの「サッカーのうまい人」が小さすぎる(笑)そして今まで気付いてなかった「小池徹干」に今さら気付いた時の反応が素敵すぎました。素人やん!

チャリンコ事故を、リカちゃんを用いて説明する21歳。事故の様子が伝わらないのにチャリンコだけが壊れていく。そのカゴをなんとかしようとする姿がいいのです。で、この「チャリンコ事件」の説明の時、「これがウエンツ」と言って差し出されたアイスコーヒーに「ウエンツもっと白いです」とツッコミ入れたんがね、もう最高にツボ。あんまり拾ってもらえなかったけど、私的大ヒットのツッコミでしたよ。

もっとちゃんとアルバムの宣伝せなあかんやん!
と思いつつ、それが出来ないのがまたいいんだな。
最後までしっかり「WaTであること」を主張し続けてくれたことが、今回一番のPRかと。


続きは「めっちゃ主観的」な話。
それと、沢村一樹株上昇しました(笑)

More
[PR]
# by yasuminn19 | 2007-06-04 21:33 | teppei
ゲゲゲの鬼太郎
めっちゃ周回遅れの話題ですが「鬼太郎」見てきました。

私はばりばりの「鬼太郎世代」で、子どものころアニメを欠かさず見ていたんですけど。「鬼太郎」といえばあの「げ、げ、げげげのげ~」という、どこかコミカルなのにちょっと怖いテーマソング。今回はそれを徹平ちゃんが歌っている、というのがかなり嬉しいです。徹平ちゃんの「げげげ」は、優しさと憂いの「げげげ」でした。

そしてその「優しさと憂い」が瑛ちゃん演じる鬼太郎の特徴でもあります。私の知っている鬼太郎はもっとオコチャマなんだけど。瑛ちゃんの鬼太郎は、憂い!アンニュイなのです。そのアンニュイさと、瑛ちゃんの綺麗な瞳の色がベストマッチで。これってすごい、ハマリ役だ。
アンニュイさを消さないように演技している瑛ちゃんなのですが、最後の「ネズミ男」とのカラミではちょっと「大泉洋に対するウエンツ瑛士」が見えたような。

子どもの頃から思ってたけど、鬼太郎はどうしてねずみ男を許してしまうんだろう。と、そんな命題が2時間の映画で解き明かされるわけもなく。鬼太郎を見たことない世代には、あのねずみ男の位置づけがイマイチわからなかったのではないか、と思います。
人間とか妖怪とか、自然の計り知れない力や、自然を畏怖する心、というものを、私は鬼太郎から学んできたなぁ、としみじみ感じました。うちのムスメにはそういう「自然がかもしだす、本能に訴えかける恐怖(とそれを畏れる心)」なんて無いな。鬼太郎というアニメは偉大だった。で、そのメッセージはきちんと残しつつ、現代的な部分も取り入れた鬼太郎。「別に映画館で見なくても(というか、映画館のでっかいスクリーンだと、気持ち悪い妖怪がいるよーーー!)」とは思いましたがなかなか面白かったです。


徹平ちゃんのソロアルバムと、それに伴うテレビのアレコレも楽しみだ。
[PR]
# by yasuminn19 | 2007-05-31 22:17 | wentz
ごあいさつ
気付いたら3月も終わりでした。
そして今月は記事がこれだけ、ということにも気付いた(笑)

どんだけほったらかしてんねん。

曲がりなりにも、こんなブログも検索には引っかかるみたいです。
一日にそれなりの人数の方が、見てくださっていること
本当に本当に感謝しています。

マイペースで(どんだけ!)続けていくつもりです。
今はちょっと、お休みしようと思っています。

More
[PR]
# by yasuminn19 | 2007-03-31 19:46 | 日々
キャプテントキオ
「レディースデー」ということで行って来ました。「キャプテントキオ」。
レディースデーだから満員かなぁ、と早めに行ったけど
整理番号前から3番を独占って(;・∀・)

以下、映画の感想は隠します。

More
[PR]
# by yasuminn19 | 2007-02-21 17:34 | wentz
おひとり様TV出演@MステとHEY!
始まる前は「大丈夫かしら、うちの徹」くらいのイキオイで
母心丸出しでしたけど
始まってみたらなんのなんの!
ハタチの男だなぁ、と感じさせられてキュン♡でございます。

Mステ
まず登場してメガネに目線が行き
次に服装に目が行ったわけですが。

徹平効果で「可愛い!」と言ってはみたものの

微妙です。すっごい微妙なグリーンです。
というよりもデザインが微妙なの???
でも徹ちゃんだから、まだ全然、許せるな。
街でああいう格好のお兄さんがいたらもっと微妙でしょう。

歌順は1番。良かった良かった、と思っていたら
肖像画?をバックに登場。
「ラブ★コン」の「彼女さんこんびんわ」みたい~
鼻にポッキーが刺さっているあの写真をつい思い出しました・・・

しか~し!!
歌は最高♡
いつもよりぐっと落ち着いて歌ってませんか?
一言、一言が心にストレートに来ましたよ。
徹ちゃんらしい歌やなぁ、とPVで聴いて思ったけど
実際に歌ってるところを見たら、惚れ直します。
歌ってる最中はずっと優しい顔だったのが
歌い終わった瞬間にめっちゃ男っぽかったのにやられました。



HEY!HEY!HEY!
予想通りの「解散」ツッコミもよく交わしました!という感じ。
ちょいちょい、うまいことネタにしつつ。
ゆかりゲストその1は、お笑い芸人「ますだおかだ」の二人。
でも正しくは「おかださん」が会いたがっていた、というゆかりらしいです。
ますださんの言ってた、関西のアナウンサーって誰や?気になるな~
それより松本さんの周りで「徹ちゃんロックオン」してるのが誰なんや!
(山田花子も先日の「ヘキサゴン」で徹ちゃん狙いをアピールしてたしな・・・)

ゆかりゲストその2はマジシャンの前田さん。
徹ちゃん、ものっそい乗り出してますね!
それにしても徹ちゃんがあんなにマジックの練習してたとは知りませんでした。
サボテンに向かって練習してるんやろか。

個人的に
徹ちゃんが披露したふたつめのマジックに激萌え♡
なんか最後、カードを挟んでからちょっと荒い感じが♡
あの「荒さ」に男らしさを感じてドキドキいたします。



眼鏡男子祭りを2つ終え、
私は

眼鏡男子は好きだと思っていたが
「一瞬眼鏡」が良いのであって
やっぱり眼鏡無しで嬉しそうにする
徹ちゃんが好きだ


と再確認したのでした。
[PR]
# by yasuminn19 | 2007-02-12 23:59 | teppei
レスリー・キー写真展『Super Stars』
ご無沙汰してました。
ちょっとテンション下がってましたが、元気です。
Mステで徹ちゃんの生存確認もできてます(笑)

というわけで、まずは↑の写真展の話から。

昨日から始まった写真展、行って来ました。
ヨン派のオバサマの経済力に感服(笑)

レスリー・キー写真展【Super Stars】in大阪

★期間:2007年2月10日(土)~14日(水)
★場所:OAPタワー 38Fスカイプラザ(大阪)
★時間:11:00~19:00(入場は18:30まで)
★料金:大人1500円/学生1200円/子供600円

問い合わせ/「Super Stars」写真展運営事務局
        TEL:045-661-1415(平日11:00~18:00)


感想は、まだ未見の人もいるかと思いますので隠します。

More
[PR]
# by yasuminn19 | 2007-02-11 11:10 | WaT
僕らの居場所~小池徹平ストーリー
泣けました。
知ってる徹ちゃんの知らなかったところとか
話には知ってたけど見たことなかったところとか
見たことあったこととか

いやね、漫画なんですけど
「こんな顔してたんやろな~ホンマに」
という、本人にしかわからない感情の部分が私の持ってる情報に合わさった、という感じで。きっと表情なんかは中原先生の技量と想像によるところも大きいんだろうけれど、それも徹ちゃんへのインタビューを基に書いているわけだから。

特に、ひとりぼっちをしみじみ実感して泣いちゃうシーン。
同じような経験を思い出してきゅんとしました。
あの寂しさを乗り越えることが出来たのは
きっと元来の負けず嫌いの性格と
大切な仲間が居たから、だろうな。

それから
歌っているのに写メばっかり撮られてしまうエピソードは身につまされる思いです。
きっと徹ちゃんの思いの強さやいろんなことを
雑誌やいろんなところで知らないままだったら
私もきっと同じだと思いました。

テレビの中の人に対して多くの人は
あのスタンスなんだと思う。
目には見えない「たくさんの写メ」を皆向けている状態。
携帯電話を外して、その「人」を見ていこう、と思うには
何かのきっかけが必要で。

徹ちゃんの、Mステの涙が
私が無意識に向けていた携帯カメラを下ろしてくれました。
そこまで漫画に描かれていて良かった。
最後のお辞儀まで、描かれていたことにも感激しました。
よく見てくれているなぁ。
[PR]
# by yasuminn19 | 2007-01-13 22:30 | teppei